Let's enjoy N1 Race!!


by nonakas
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2007年始動

a0000366_343106.jpg2007年2月7日、エンジンオーバーホール作業を終え、ようやく初走行となります。写真は富士スピードウェイのピット裏。今年からこの富士スピードウェイでF1が開催されるため、現在ピット裏ではチームハウスを6棟建設中。更に2階建てのピットビルは3階建てに増設中?大掛かりな建設作業によって立ち入り禁止となっているので野外で走行準備となります。電源もエアもなく、冷たい風に晒されながら一人で作業。そもそもインテグラのワンメークレースはビッグレースと併催される事が多いため、設備が充実しているピットはGTマシンやフォーミュラーニッポンが使用し、インテグラは野外に追いやられるのが通常。ですから、これが普通なんだと意識を変えなければなりません。これまでツインリンクもてぎを走行する事が多く、ピットにはエア・電源・コースモニター・洗面台、それに何でも捨てられる大きなゴミ箱があって恵まれた環境を経験していたのですが、これからはそうも行かないようです。まずは、野外で作業する事に慣れる。そして、インフラの無い所でもマシンのメンテ作業ができるような装備を整える必要があります。こんな所でも今年はレースに対する意識を変えさせられているかも知れません。ただ一つ悩みがありまして・・・それは一人でできる範囲を超えはじめた事。練習走行レベルでも、すでにレーシングガレージ並みの装備と体勢が必要とされているのです。スペアのスリックタイヤを持参し更にレインタイヤを4本持参。そのほか発電機やコンプレッサー、場合によっては窒素ボンベも数本用意しなければなりません。その荷物の量は積載車1台では足りません。もちろんレース車両の中は工具や備品が満載状態。現在知恵を絞って荷物をコンパクトにまとめようとタイヤラックを製作中で、なんとか練習走行は積載車1台でやって行きたいと考えています。これも自分が出来る範囲でJAF戦に参戦するための努力です。
ところで、話が変わりますが上の写真に映っているマシンのホイールについて。これはRAYSの新モデルRE30というホイールです。RAYSは今年からF1のウイリアムズにホイールを供給する事となり、そのテクノロジーが注がれた新型ホイールです。特注カラーリングで白く塗装されたRE30は未だ世の中にそうそう存在していません。個人的にはRAYSのTE37の方がカッコイイかなと思いましたが、新しいモノ好きとしてノリで購入してみました。

a0000366_344720.jpgこの写真はボンネットの中。オーバーホールした際、ついでに(というか付き合いで)エンジンのヘッドカバーをカラーリングしてみました。ボディーと同じカラーリングにしてみたのですが、なんだかエンジンぽく無いので気持ち悪いような・・・というのが私の感想。ただ、こうやってボンネットフードを開けて放置しておくと、見物人が「観られるマシンというのは、こんなところまで気を遣うというのもなのか~」と関心するようで、改めてレーシングカーは奇麗にしておくべきであると思いました。

a0000366_3454019.jpg最後に走行中の写真です。これは車載ビデオから富士スピードウェイのストレートを走行している時の映像をキャプチャしてみました。この時点で230km/h近いスピードが出ています。トップスピードはN1(ノーマルエンジン)のインテグラで240Km/h近く。この先は鋭角なコーナーがあるのですが、そのコーナー手前100mまでアクセルを踏み続けるのです。もはや我慢大会って感じ。ここでブレーキが効かなかったらと思うと恐ろしいですが、走行中はそんな事考えません。ちなみにそんな強烈なブレーキングを30分繰り返しても、制動力の低下はそれほど感じません。ブレーキキャリパーはワンメーク車両にしか提供されないブレンボの強化品と、IDI製のブレーキパットを使用していますが、この季節だと30分連続走行程度ではブレーキに不安を感させないですね。ツインリンクもてぎを走行する方がブレーキに負担がかかる様です。まぁこんな感じで2007年の初走行を無事に終えたわけですが、いろいろと課題と反省点が出てきました。限られた予算で効率良く結果を出すためには机上でもレースをシミュレーションする必要があるのです。頭を使わないとマシンを速く走らせられないのです。今年は、頭使って金使わず・・・
[PR]
# by nonakas | 2007-02-07 00:00 | N1 DC5 History

Overhaul

a0000366_021394.jpg今年はエンジンのオーバーホールがレースライフの年明けとなります。さて、このエンジンオーバーホール作業ですが、これはレースを安全かつ完走させるために必要な作業なのです。もちろんレースに勝つための作業でもあります。マシン操作や不可抗力による、車両トラブルやエンジンブローは致し方ないとしても、メンテナンス不足によるトラブルは最悪です。例えばエンジンが壊れてしまうと、エンジン以外にもダメージが生じ多大なコストが発生してしまいます。それだけでは無く、レーシングスピードでエンジンブローとなれば、マシンコントロールが不可能な状態となりクラッシュする危険性や、コース上にエンジンオイルをばら撒き他のレース車両を危険に晒す事になりますので、しっかりしたメンテナンスが必要なのです。ですから、レースに参戦する者は、この程度のメンテナンスは当然です。レースの大小に関わらず、そういう意識を持つ者がレースに参戦するべきであると私は考えています。

このオーバーホールは消耗品の交換とエンジン洗浄程度のもので大きな変更はありません。JAF戦の車両規定とインテグラワンメークレースの車両規定により、エンジンの排気量変更や各種部品の大幅な研磨や変更が禁止されているのです。ですのでほんのわずかなチューニングといった作業内容となりますが作業自体は写真の通りは大掛かりなものです。メカニックいわくエンジンをオーバーホールする上で、メンバごとごっそり下ろしてしまった方が楽なそうです。エンジンを下ろした車両はこんな状態に。エンジンを下ろした車体は魂が抜けた状態というか、なんか寂しいものを感じますが、これからリフレッシュされたエンジンが搭載されるかと思うとワクワクしてきます。こういう状態を見ると、どーしてもボンネットの中に頭を入れたくなるのは人間の性というか、気持ちが少年のようになるのか・・・スケベ根性なのか・・・(^^ゞ
a0000366_0215724.jpg入れてしまいました(^^ゞ。こんな風になっているのかぁ~と、とりあえず記念撮影をしてみる事に。このアングルから何が見える訳ではないのですが、自分のマシンの隅々まで関心を持つ事は速く走る事に必要な事かと・・・。

そして、下の写真が下ろしたエンジンです。今回はヘッド(シリンダーよりも上の部分)のみのオーバーホールを処置しています。この車は4気筒エンジンですのでシリンダー(穴)が4個見えるかと。このシリンダーの中で毎秒百数十メートルという超高速でピストンが上下運動を繰り返す事でマシンとドライバーをレーシングスピードへと導いてくれるのです。これまで別の車でエンジンを2度ブローさせた経験がありますが、このエンジンを見ながら「壊れないでくれよ」と強く思いました。
a0000366_0221772.jpgさてさて、今年はレースに対する意識に変化が生じているかも知れません。というのも、私が参戦している「エキサイティングカップ ワンメイクレース ~インテグラシリーズ」が開催されるのは今年が最終年度となります。2008年度はCIVICによるワンメークレースが決定しているのです。
このワンメークレースは国内最高峰とも言われるレベル(国産車両によるレースにて速度・参戦費用が最高峰だからそう言われている?)であり、そんなレースに、サラリーマンである私が自費で参戦できるのも、これが最後かもしれないという気持ちでもあるからです。今年の東日本シリーズ8戦中、仕事の都合と予算の関係で何回参戦する事ができるかわかりませんが、私の出来る範囲で精一杯チャレンジしてみたいと思っています。
[PR]
# by nonakas | 2007-01-28 00:00 | N1 DC5 History
a0000366_047965.jpg2006年11月5日(日) 「ホンダ エキサイティングカップ ワンメイクレース 2006 ~インテグラ関東シリーズ~第5戦」に参戦してきました。SuperGT 第9戦 富士300Km レースのサポートレースともあり、グランドスタンドには応援の旗を振る観客や多数の横断幕が掲げられいました。まさに晴れ舞台...ドライバーにとっては最高の雰囲気の中でスターティンググリッドにマシンを並べる事ができました。この雰囲気をドライバーとして味わうために日ごろ辛い仕事を頑張って続けて来た訳で・・・これは自分へのご褒美でもあるのです。奇麗な青空の下、国際サーキットで開催されるJAF公認国内レースを満喫させて頂きました。
a0000366_0455812.jpg

さてさて、レース結果ですが・・・
【レース結果】
2006年11月4日(土) Fine/Dry 予選:23台中 23位
2006年11月5日(日) Fine/Dry 決勝:23台中 16位(完走)

a0000366_0472963.jpg
FSWの走行経験が殆ど無い中、レース1週間前に初めて履いたタイヤ、サスペンションでタイムを出せるセッティングが・・・出来なかった。更に練習走行時、コカ・コーラコーナー(旧Aコーナー)脱出後に2回転スピンをし、首が鞭打ち状態。針治療をしてなんとか復活したものの、それがトラウマとなりアクセルの踏みが足りていない。そんな自分の知識・経験・気合不足により最後尾からのスタートとなってしまいました。今まで最後尾スタートなど経験がありませんでしたし、ここ最近こんな屈辱感を味わった記憶が無い・・・が、これは自分にとって良い経験でもあり、次への課題と目標を持つ事が出来た良いレースとなりました。このレースに参戦した事で、なにか自分の中で目覚めたような気がしています。

【協賛】

連休中の忙しい中、全面サポートして頂いた、レーシングガレージチューニングショップBROS様ならびにサポートスタッフには心から感謝 御礼申し上げます。また、陰ながら応援頂いた皆様にも感謝しております。
[PR]
# by nonakas | 2006-11-07 02:23 | N1 DC5 History
a0000366_1412319.jpgこれから富士スピードウェイに向かいます。2006年11月4~5日に開催されるスーパーGTシリーズ第9戦 富士 のサポートレースとして、”ホンダ エキサイティングカップ ワンメイクレース 2006 ~インテグラ関東シリーズ~”が併催され、これに参戦してきます。準備はというと・・・監督・メカニック・スタッフ共に万全!車も規定範囲で整備万全!残るはドライバー次第といったところですが・・・走り慣れていない富士スピードウェイでの練習不足と根性不足により、思うようにタイムが伸びず苦戦しております(^_^;)。あとはアクセルを踏み続けるだけ!いろいろなものを背負っているため5万人の観衆の前でかっこ悪いところを見せるわけにはいきません!気持ちをレースモードに切り替えて気合入れてアクセル踏んできます。
[PR]
# by nonakas | 2006-11-03 01:53 | N1 DC5 History
a0000366_21345244.jpg今まで車に乗っていて初めての経験だと思う。ハイオクを満タン給油し1万円で足りないっていうのは。15年ぶりのガソリン高騰とニュースで言われていますが、当時そんなに高かったかな・・・。約5年前、栃木県の小山市にあるセルフGSでハイオク98円という破格の頃もありましたが、今となっては夢のような価格。当時と比較すれば現在は1.5倍の価格ですから財布も痛いわけです。この148円/Lも、高速道路のサービスエリア価格。私が住む近辺ですと152円/Lが相場でしょうか。どの国でもガソリン価格の高騰が続くと、燃費向上グッズが売れるといいます。ですが私はそんなグッズを頼りません。自分の足首で燃費向上。じっくり我慢してゆっくりとアクセルを開ける。負圧を維持しながらゆっくりと加速。それは、人間負圧計となり、人間燃料流量計となり・・・ガス欠ぎりぎりまで走り続け、なるべく安いGSで給油する。ちなみに、私が普段使用している車のタンク容量は71Lで、残り2Lを切るまで乗る!・・・これってJOY耐の練習ではありませんが・・・セコすぎるorz
[PR]
# by nonakas | 2006-08-18 22:04 | 独り言
a0000366_19362621.jpg世間はお盆休みの8月13日。帰省渋滞もやや落ち着きぎみな東名自動車道を使って富士スピードウェイ(FSW)に行って来ました。目的はFISCOライセンスの取得です。取得に掛かる費用は合計で41,500円と、国際サーキットの相場とは言え結構な額ですよね。さて、このライセンス取得時に行われる講習ですが、やはり退屈です。読めば理解できるテキストを講師にそのまま読み上げられて質疑応答。その後はFSWに関するDVDを見せられ、最後に信号旗の説明。もてぎのようにAライ保持者は部屋から出してほしかった・・・でもこういう講義を聞かないと、うっかり重要な事を聞きそびれるので要注意。講義は約90分で終了。その後はレーシングコースの下見走行です。講義終了後、緑色のセーフティーカーの後ろに並んで待っててくださいとの事でしたので、速攻1番乗り。講師が基本的なラインで走行してくれるというので、堂々と1番目に・・・クラウンが並ぶ^^;通行人の中には変な顔してコッチを見る人が・・・すかさずサングラス姿で威嚇凸(-.-)。クラウンだから?でも、実はこういう講習会ってサーキット走行に向かない車で参加する人が多いんですよね。国内Aライ講習会もそう。要するに、そういう人達は2台以上車を持っているか、レーシングカーを持っている人達。講習会で走行する車両がスポーツ走行とは全くかけ離れた車で参加するほど、ちょっと鼻が高かったりするわけで・・・
a0000366_19364170.jpgさて、久しぶりのFSWです。前回FSWを走行したのは昨年の10月でしたか・・・車が違いますがサーキットを走行するってワクワクしますね。ピットロードを制限速度で走行。ヘルメットなし、グローブなし、片手にデジカメ。こんな走行は、きっとこれで最後でしょう。
いやぁ~FSWは奇麗で気持ちイイですねぇ。新しいから施設装備も最新鋭で、建物のデザインもカッコイイです。ツインリンクもてぎも奇麗だと思っていましたが、やはり新しさにはかないません。ピットロードを走ってすぐに新しさが分かります。黒いアスファルトに白いコンクリートのピット前作業エリア、更にピットウォール際の鉄格子を見ただけでも安全が配慮されているのが分かり、新時代のサーキットを物語っています。FIAグレード1サーキットっていうのはこういうのを言うんだよと、トヨタさんに言われているような・・・
a0000366_1937281.jpg今回は下見走行なので最高100Km/h位のゆっくり走行でしたが、やはり国際サーキットは広くて気持ちイイです。この写真は300R。半径300mのコーナーで、ここをレーシングスピードで走行する時は左に吹っ飛びそうなGが車と体に来るんですよね。それが気持ちよくて・・・速く味わいたいなぁ。その先のコーナーでついつい縁石に乗り上げて気分を上げましたが、レーシングスピードはガマンガマン・・・音楽聴きながら走行したのでついついその気になってしまいます。聞いてた曲はTOPGUN(^^ゞ

さてさて、講師が乗るセーフティーカーに先導され、基本的なライン取りを完全にトレース。車が違えばライン取りも違いますが、雰囲気を掴みながら最終コーナーを抜けると・・・FSWの最大のポイント、メインストレート。このストレートは約1.5km。ご覧の通り、今日のような夏の日は蜃気楼まで出現。富士の自然も美しいですが、サーキットも美しいです。

a0000366_19374924.jpg

しっかりと、講師のラインをトレースして走行。前回走行した時にどこを走っていいのか分からなかったコースエンドのライン取り、しっかり覚えさせて頂きました。
ところで今回FSWのライセンスを取得したわけですが、理由は、やはり関東に在住してレース活動するならツインリンクもてぎとFSWのライセンスは必須でしょう・・・という事で(意味深ですが)。しかもFSWはツインリンクもてぎよりも走行枠が多く、しかも高速道路を下りてからのアクセスが良く、施設も新しく、F1も開催されちゃうし、それにキムタクがドラマで走ったし、実はオレってトヨタ派だし、だからホームコースをこっちにしちゃおっかなーなんて思っているんですが、欠点はピットが有料な事。一日1万円の安い方(高い方は2万円、でもトイレ・会議室付き)を借りたとしても、コントロールタワーや食事する所まで何百mもあるし・・・こりゃセグウェイ購入だな・・・なんて。

a0000366_1938388.jpgでもって、最後に昼食。パドック内にあるレストラン。これはガーリックステーキプレート、1,500円。肉のボリュームもそこそこで、デザート付きでお得感があります。さっそくお気に入りの一品に加わりました。
[PR]
# by nonakas | 2006-08-13 19:38 | N1 DC5 History
a0000366_1053272.jpg年に一度のビッグイベント JOY耐2006、皆様の多大なるご協力とご声援により無事に予選通過・7時間耐久レース決勝にてチェッカーフラッグを受けることが出来ました。本当に有難うございます。とてもフレンドリーな仲間に囲まれてレースが出来て幸せを感じております。6連休を取得したため只今時間が無く詳細レポートを書く時間がありませんが、取り急ぎお礼を込めて簡単に掲載します。近日詳細レポートを書きますのでお楽しみに。

<<< JOY耐2006結果 >>>
格式:JAF準国内レース

【開催期間】
公式予選          2006年6月17日
7時間耐久レース決勝  2006年6月18日
BROS・DC5 (A-3 Class)
カーナンバー79
【公式予選】
 総合28位 (エントリー合計120台)
【決勝】
 総合39位 (決勝進出90台 完走78台)
 #79 BROS・DC5  どまんなか賞 受賞(賞金5万円)
【関連WEB】
JOY耐2006公式Web
JOY耐予選詳細レポート ここに私の名前が記載されていま~す
JOY耐 公式予選 正式 総合結果表
どまんなか賞受賞!
JOY耐2006公式結果表

当方、レース期間中、かなりドタバタしていたため自分で撮影した写真がありませんので、何方かご提供くださいませ。
[PR]
# by nonakas | 2006-06-20 23:55 | N1 DC5 History
a0000366_21354452.jpg本日、JOY耐2006への正式参加受理書が郵送されてきました。予選区分 A3、カーナンバー79です。昨年と同じカーナンバーを背負っての出場となります。これを受け取ると、いよいよ俺の夏本番だなと気持ちが高ぶりますね。さて、今年のエントリー台数ですが、暫定参加台数として121台のエントリーが決定しているようです。毎年のように有名選手が名前を連ねるこのJOY耐ですが、今年も高橋国光選手がシビック・ハイブリッドでご参加されます。また昨年、元F1ドライバーの片山右京選手が参加した「天ぷら油」で動くディーゼルターボエンジンのカローラのレーシングカーも今年参加が決定している模様(右京選手の名前はエントリーされていませんでしたが)。さらにホンダFitで数台エントリーしている妖しいチームがありますが・・・ドライバー名が未公表でとても不気味。一体誰が乗るのでしょうか。かなり本気で参戦してくる事間違いないです。そして、この熾烈な予選を我がチームと戦う事となる同クラスの車両台数は・・・なんと3台のみ(^^ゞ。しかも、ホンダの現行レースベース車両のインテグラは我がチーム1台のみ(ホンダのお膝元で開催されるビッグイベントなのにこれでイイのか)。予選当日は、おそらく3台でふるいにかける事はしないと思うので、クラス超えしてA4Classと混合の予選になるのが予想されます。A4 Classのエントリーは4台。合計7台での予選となると予想されます。台数比から考えると、予選を通過できるのは7台中4台or5台でしょう。インプレッサか・・・N1ベースとしては最高のマシンですよね。6月の気温を考えても余裕で2分10秒前後のタイムを出してくるでしょうから、とても同じ予選区分で戦うには辛いものがあります。A3/4 Classの予選はトヨタ・ニッサン・ホンダ・スバルの一騎打ち。これは傍から見たら面白い予選ですがチームオーナー兼予選アタッカーとしては楽しんでられませんね。
最後に、我がチームは予選落ちした場合のスケジュールを作りません。JOY耐2006 今年もBROS・DC5 #79を応援宜しくお願いします。
a0000366_21361253.jpg

[PR]
# by nonakas | 2006-05-15 21:36 | N1 DC5 History

JOY耐1回目公開練習

BROS DC5 堂々たる姿で登場!
今年はIDI様、OMEGA様の協賛を頂き、さらなる上位でのGOALを目指します。
(と言っても昨年と変わらぬN1車両ですが)
a0000366_15505093.jpg

a0000366_15495262.jpg2006/05/01 ツインリンクもてぎにてJOY耐の公開練習に参加してきました。当日の天候は晴れ。初夏を思わせるほど暑く、路面コンディションは決勝日の気候と同じようでした。そんな中76チームも練習会に参加したそうで、パドックはかなり賑わいました。ピットロードにはJOY耐ならではの様々なClassの車両が並んでいます。これらの車両すべてがライバル。mixiでお知り合いになったチームが数チーム来られていましたね。
a0000366_15505984.jpgさて、練習日当日のピット陣取り合戦は余裕の勝利(?)で、使い勝手の良い壁際をゲット!そして、我が頭脳派(?)チームの作戦デスクをセットアップ。液晶モニタ2台とPCをセッティングしてテストに望みます。このモニターの前で悩んでいる(?)姿がもてぎのHPに掲載されていました。決して居眠りなんかしていません。チームメイトの走行をじっくりと目をつぶって見守っていました。ちなみに、これらの準備は、なぜか私一人でするハメに・・・他のドライバーと監督は事故渋滞&通行止めで遅れる・・・他のチームは、みんなで楽しそうに準備しているのに、オレ一人かよ(><)。罰として洗車命令です。
a0000366_1550558.jpg我がチームGlobal Racing Networkは、2006年度JAFエントラントライセンスを取得し、今年のJOY耐には正式な参加者名称として登録する事となりました。車両名は「BROS DB5」そのまま。そして、このBROS DC5は新たなスポンサー様のステッカーを貼って堂々の入場です。相変わらず美しい輝き。レーシングカーは美しく速くなければいけないのです。今年も気合入れてレース前の洗車、いや練習をします。遅れたドライバーさん、洗車ご苦労さまでした。

a0000366_15503796.jpgメディア関係者がBROS DC5に接近・・・雑誌掲載ですか?でしたら某雑誌社のステッカー剥しますから、どうぞ撮影していってくださいね。と、本当に剥してしまうチームメイトと私。絶大な協力をしてくれているSHOPの宣伝になるならば何でもしますよと・・・。剥された某雑誌社さん、今年は何かしてくれませんかね?まだ大きな広告スペース余っていますから。


a0000366_15501962.jpgさぁ、いよいよテスト走行です。監督との打ち合わせ通り、シフトタイミングを守って走りましょう。走行時間は、午前中グループ分けされ1時間、午後は全チーム混走で2時間半。テストの結果は・・・3人分のデータを集計して出た結論は・・・秘密です。ただし、決して良い結果ではありませんでした。作戦練り直しですかね。午前午後ともにドライバーがこまめに入れ替わり、まるで2時間耐久レース状態でした。当然、我がチームはノントラブルで練習を終えます。3時間程度の走行でトラブってる程度じゃ・・・それにしても、他のピットは慌しい様子でしたね。ジャッキアップして下にもぐったり、車バラしたりとか。まぁ我がチームの車両完成度が違いますかね(^J^)。さすが、レース慣れしているBROSさんの手際の良さとチームワークと私の資金力でしょうか(^^ゞ。今回の練習走行には監督1名とドライバー3名のみ。メカニックの同行は無し。寂しいチームの様で、実は機能的に動く頭脳派チームなのです。

a0000366_17222349.jpgと余裕ぶっこいてると・・・おぉーーい、フロントガラスが・・・(T_T)割れてるじゃないか!この亀裂が約25cm・・・誰の走行時?ん?オレじゃないよ。そうキミ。BドライバーのH氏。飛び石だから仕方ないよね。でも・・・これってオーナー負担なの?(ToT)痛いなー。少しくらいカンパしてよ。もう予算ないんだからさ・・・
[PR]
# by nonakas | 2006-05-03 17:40 | N1 DC5 History
a0000366_1639104.jpgやっと決定しました。JOY耐のドライバー\(^o^)/。車も仕上がっていて、チーム体勢もほぼ出来上がっているのに、肝心なドライバーが決まっていませんでしたが・・・ついにドライバー3名4名揃いました!。ここでもう一人参加してくれれば、申し分ありませんねぇ~実を言いますと、今年の出場はなかなかドライバーが集まらないため諦めぎみでしたが、チーム監督から非常に大きな人的バックアップをして頂いたお陰でエントリーすることができそうです。「できそう」というのは、まだエントリーしていないから・・・23日にでももてぎに行ってエントリー手続きしてきます(^ム^)

今年は予選・決勝前泊にホテルツインリンクも予約済みだし。ピット機材も揃っているし。タイヤずるずる状態での平均ラップは昨年の予選クラストップタイムだし。ん~、もうガマンできません(*^_^*)
今後の予定を記載しますと
          公開練習日:5月1日/5月29日
          公式予選:6月17日
          耐久決勝:6月18日
となっております。予選・決勝のパドックパスは前売りで購入されると安く入手できます。こちらをご覧くださいませ。まずは公開練習、燃費計算をするためきっちりデータ取りの一日です。やる気出てきたぞー。働く気になってきたぞー!
というわけで、是非今年も応援宜しくお願いします!m(__)m
[PR]
# by nonakas | 2006-04-20 17:11 | N1 DC5 History