Let's enjoy N1 Race!!


by nonakas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:コラム( 5 )

a0000366_623489.jpg

先日東京モーターショウで発表されたLEXUS LFA。TOYOTAの高級販売チャネルであるLEXUSから全世界500台限定でリリースされたスポーツカーで、暫定価格は3750万円という。乗出し価格は、4000万円を軽く超えるだろう。
正直な感想、超~カッコイイ!と思うし、こんなクルマを所持してみたいと思うが、価格を聞くと魅力を感じなくなるのは自分だけだろうか。かつて自動車は日本経済発展の起爆剤であり、若者の夢と希望でもあったはずだが、これでは夢もへったくれもあったものではない。

過去、国産スーパースポーツカーといえば1960年代後半に登場したTOYOTA 2000GT、それと少し現実路線で若者の憧れとなったニッサン スカイラインGTR(通称 ハコスカGTR)だ。当時TOYOTA 2000GTの価格は238万円で、日本における大卒者の初任給が平均2万6千円前後であった事から計算すると、現在における2,000万円程度に相当する。また、ハコスカGTRは当時154万円で換算すると1200万円位だろうか。
非常に高価であったが、実はこの価格セグメントが人を魅了させた大きな要素でもあった。若者にとっては高嶺の花。しかし将来もっと大人になった時、手に届きそうで届かないような、でも頑張ればなんとか手に入れる事がでるのではないか?と思わせる微妙な価格設定。夢で終わらず目標にできる価格だったのである。
そういったものが労働意欲につながり日本経済の発展を支えていたのではないだろうか。そして、そんな時代を生きた若者が、次の世代の若者を魅了するクルマを造る。そうやってクルマという製造物が若者を魅了する文化として循環し、経済成長に貢献していた事は間違いないだろう。

しかし現在、この循環が途切れてしまっているのではないかと危惧する。いや、もしかしたらこのLFAが断ち切ったのではないかと。800円のジーンズを履き、ケータイ電話で無料ゲームを楽しんで、旅行する時はミニバンをレンタル、しかも車内は満席。そんな若者を拒絶するかのように発売されたLEXUS LFA 3750万円也。弱者は興味持たなくていいんだよと言わんばかりの価格で・・・。

このLEXUS LFAが今の20歳前後の若者の目にどう映っているのか気になるところである。
[PR]
by nonakas | 2009-10-24 07:08 | コラム
a0000366_22532656.jpg

血液B型丸出しの気まぐれBlogであるが、こんなBlogであっても定期的に確認して下さる方々もいらっしゃるので、近況を記す事にしよう。
ここ最近、週末はサーキットで過ごす事が多い。といっても自分が走行するわけではなく、知人のレースサポートや観戦である。そのレースとはJAF準国内格式競技という公式レースの末端ではあるが、国内A級ライセンスが必要な、ちゃんとしたレースなのである。ちなみに自分が所有しているインテグラも2007年までは国内格式、2008年からは準国内格式のレースが設けられている。”4輪モータースポーツ=F1”というイメージを持たれる方から見ると、その規模や観客動員数に圧倒的な差があるものの、公式練習、予選、決勝、チーム監督からのキツイお説教(ご指導)と、真剣さとやっている事はみな同じなのである。

本日は富士スピードウェイで開催されている富士チャンピオンレース(通称:富士チャン)に足を運んだ。富士チャンピオンレースとは、かつて富士フレッシュマンレースとして土屋圭市氏などが参戦していた伝統あるレースシリーズなのである。そのレースに、かつて耐久レースで一緒にチームを組んだモータージャーナリストの友人がカローラアクシオGTで参戦するというので応援に出かけたのだ(朝まで行こうか止めようか迷っていたが・・・)。今年から始まった新たなレースクラスでJAF N2規定に沿ったレーシングマシンなのである(自分のインテグラはJAF N1規定)。カンタンに言うと、改造して良い範囲が広くて見た目も市販車両に比べてイカツくて速い(はず)。
上の写真は友人がドライブするレースカーなのだが、ここにリンクされている写真と全く同じ車両。TRD(トヨタテクノクラフト株式会社)から借用しているマシンなのである。しかし、残念な事に他の車両よりも遅いんです(涙)。ようは販売促進用の”つるし”車両でレースしているようなもので、他のレースガレージが本気で製作した車両には全く歯が立たないようだ。なぜならば、ラヂエータやインタークーラーの容量が小さく、また車両重量も重いらしい。また吸気ダクトやインテークパイプの取り回しなど、レースガレージで製作されたマシンは細部までチューニングされているのでパワーの出方が違うようだ。同じ車体、同じエンジン、同じタイヤであっても、車両規定の範囲でやれることは全てやるという徹底ぶりなのがレースカーなのであるが、彼の車両はそこまで至っていないようだ。最終戦では、少し手が加わるようなので、次戦は期待したいところだ。

そんなカローラアクシオGTのレースなのだが、非常に残念な事に現時点で参戦車両は3台のみ。不況が祟っているのだろうが、昨今若者のクルマ離れが騒がれているこのご時勢に、せっかくこんな楽しそうなレースカテゴリを設立したのに、参戦チームが増える様子が無い。やはり車両価格が影響しているのだろうか。こんな事を書くと、関係者から睨まれるかもしれないが、660万円の競技用コンプリートカーを買ったところで勝てないという事実。更にレース関係者なら誰でも気づく、N2規定にした事による更なるコスト増が、参加者の足を遠のけさせる原因だろうと思う。自分が想像するに、あと最低でも+200万円位のお金をかけないとレース(競り合い)が出来る車両にならないと思う。となると結局、インテグラや現行のCIVICワンメイクレースなどと同様、800万~1000万円のお金をつぎ込む事になるのだが、それにしては富士チャン オンリーのレースというのは舞台が狭すぎて参戦する人にとって魅力が無いという事になるだろう。FSW1っ箇所で開催されるという事は、各地へ転戦するコストが下がるように見えるだろうが、レースカーに1000万円もお金を使う人にとってはあんまり関係ないような・・・そんなレースに参戦できる人は、国内最高峰のフォーミュラーニッポンやSuperGTのような大規模で派手なレースのサポートレースを望むであろうと自分は考える。

いま、アマチュアレースで大盛り上がりなのがNetzcup(Vitsレース)だ。これは車両の初期費用300万~400万で参戦可能。競技車両であってもナンバー登録車両である必要があるため、レース会場まで自走できる。トラックで運ぶ必要が無いためコストがかからない。しかもこの車両を普段の生活で使用している人もいるくらいだ。そんなお手軽さもあって、予選では常に60台を超える参加者があり、決勝では45台フルグリッドとなる、非常に盛り上がっているレースなのである。しかも、SuperGTのサポートレースや、一時期F1のサポートレースも開催するなどという参加者にとっては非常に魅力的なイベントもある。アマチュアレースとして盛り上がる理由が分かる。
たが個人的意見としては、マシン速度が200Km/hを超えないと面白くない。更に市販車両には出ないような爆音を轟かせたい。古いかな?そんな要望を持つ人、意外に多いと思うのだが・・・現行型式でJAF Nx規定という、競技専用車両によるアマチュアレースを盛り上げたいなら、車両総費用が500万円程度で済むN1マシンのカテゴリを作るべきかなと・・・・思った。
[PR]
by nonakas | 2009-10-18 23:52 | コラム

上海渡航記 -その4

a0000366_104013.jpg

このBLOGへのアクセスも増え、なかなか好評のようなので上海渡航記を続けることにしよう。上の写真は上海市浦東新区のジンマオ・ビルと建設中の森ビルを真下から撮影したものである(28mm広角レンズのお陰か写真撮影技術が向上したかのような錯覚に陥る)。中国経済の象徴とも言えるこの地区に踏み入れて現実を自分の目で観察しようと思った。まずパッと目に入ったのが、このビルに出入りする車である。車に興味が無くても他の地区とは別格の車両が多数行き来していた。ベンツ、BMW、レクサスなど、欧米・日本でも超高級車と呼ばれる車が沢山行きかっていたのだ。この日はビジネスディという事もあるが、黒塗りの車が通る風景が自然なものに見えてしまった。その風景こそが中国経済発展の象徴と言われるゆえんなのだろう。
a0000366_132292.jpg自分はその経済超急成長中のこの地区を上から見たくてここに来たのである。ジンマオビルは高さ420mで、88Fの展望室は340mの高さ。高層ビルを真上から見る事ができる風景は絶景である。自分がここに期待したものは、街並みから経済格差がクッキリと見えるのではないかという事。だが期待した程ではなく、都心の風景を見慣れている自分にとって違和感が無い。おそらくこの展望台が高すぎて、汚い所が見えないだけのような気がしていたが、よく目を凝らすとやはりそれは存在した。だがここから風景を見る観光客はそんな事を意識せず、普段の目にする事の無い超高層ビルから見える風景画として楽しんでいるので、暗い社会問題・経済格差などは思い起こさず”上海って素敵”なんて錯覚するだろうと確信した。

a0000366_133754.jpg気になるのは、高層マンション(アパートメント)が多い事である。これだけ広大な国土を持ちながら昔からこの国の民族は集合住宅で生活する習慣・風習があるらしく、ここ上海も集合住宅だらけである。また、駅などから遠い所は嫌うらしい。さらに自家用車などは富裕層しか手に入れる事が出来ないため、自然と都市に人口が集中する仕組みになっているのかもしれない。この写真で見える高級そうなマンション郡は一戸当たり300万元くらいするらしい。日本円で4500万円~5000万円。日本円で都心マンション価格の感覚だとお買い得であるが、ここ中国の物価や所得から考えると有り得ない価格帯のマンションがゴロゴロしているのである。そんな物件が現在売れまくっているというから驚く。ちなみにこの付近には5000万元もする超高級物件があり、世界的著名人が2名購入したとニュースでやっていた。そんな高級物件が立ち並ぶ街なのだが、なんかまとまりがない。行政一体となって景観を崩さないよう区画整備やデザインを統一するとか・・・そういう事には無関心というか、我が道を行くタイプである国民性である事は今回の渡航で十分に教えられたが、ここでも改めて認識させられた。
a0000366_1502851.jpg
今回登ったジンマオビルの53F~87Fにはグランド・ハイアット上海が入居しており、そのホテル全フロアが吹き抜けになっている。一番下はホテルのレセプションであろうか、88Fから下まで見下ろすと吸い込まれそうになり、変な快感が体を襲う。もし上海へ旅行した際には、テレビ塔に登るのもいいが、このジンマオビルの展望台もオススメ。
[PR]
by nonakas | 2007-09-18 23:49 | コラム

上海渡航記 -その3

a0000366_212612.jpg

上海渡航記の続きである。これが世界でも有名な上海の夜景だ。この写真映像に興味のある方のために書くが、これはコンパクトデジカメ(Panasonic DMC-FX33)で、カメラ素人の自分が機能任せに撮影したものである。素人の自分がこんなに綺麗な夜景を撮影できるとは、最近のデジカメ性能に驚かされる。「夜景モード」でミニ三脚を使って2秒くらい露出している。シャッターを押す瞬間にブレが発生するためセルフタイマー機能を使いシャッターを押した瞬間から2秒後に撮影を開始する機能が付いている。まぁ三脚まで用意して撮影しているところが手軽さの域を超えているかもしれないが、凝り性の自分的には期待通りであり非常に満足だ。

さて上海の話に戻るが、この夜景は確かに綺麗だった。写真の右のほうに高いビルがあるが、手前のビルが世界第4位の高さを誇る金茂大厦(ジンマオダーシャー「ジンマオ・ビル」) である。その奥が現在建設中の森ビルで、地上101階、高さ492mとなり完成すると世界一になるらしい。休日の夜という事もあり、この夜景を観るために大勢の人で賑わっていた。どうやら観光客だけではなく、地元上海市の人々の方が多いように感じた。

自分は川沿いにいる大勢の人々が上の夜景をどのような感覚で観ているのか非常に興味があった。人でひしめき合うこの川沿いはこの国の民族の見栄と欲望の現れであるようにしか感じられない。というのも、一番上の写真にある浦東新地区のビル入居率は40%くらいと地元の人が語っていた。a0000366_313893.jpgそれでも次々と近未来的な個性ある超高層ビルが建設ラッシュとなっており、この地区の経済発展と言われているものが表面的で正常ではない事は容易に想像できるからだ。

右の写真は夜景を撮影した川岸から数十メートル入ったところの路地である。気が付くと思うが「街燈」が無いのである。自分の感覚からすると立地的には十分な都市整備さなされていてもおかしくないと思うのだが、この国は表面的な部分だけを綺麗に見せ、一歩中に足を踏み入れるとこんな状況である。やはり、そうせざろう得ない経済事情でもあるのだろうか。この景観の格差がこの国の将来を物語っているような気がしてならなかった。2008年には北京オリンピック、2010年には上海万博が開催され中国経済はピークを迎える事が予想されるが、その後に待っているのは不良債権蓄積による上海発の金融恐慌なんて事には成らないで頂きたいものだ。
[PR]
by nonakas | 2007-09-17 03:11 | コラム

若者よ、馬に乗ろうぜ!

最近の若者は・・・という歳でもないが、こうも言いたい時もある。

最近の若者は・・・スポーツカーに乗ろうとしない。二十歳前後の若者がミニバンやステーションワゴン、もしくはVIPカーと呼ばれる(中古の)高級セダンベースのボディー改造を施した車を好む傾向にある。筆者の年代は、幼少・少年期にスーパーカーブームがあったせいか、車への憧れは全てスポーツカーだった。免許を取ったらスポーティーな車が欲しいという気持ちが自然とあった。しかし、これも経済情勢や環境問題など時代の背景がもたらした影響なのか・・・今の二十歳前後が欲しがる車のマーケティング結果がBbだ。(仲間の間ではあの車のボンネット内にはエンジンが縦↓に積んであると信じて止まない(笑))

歴史に書かれている事が事実であれば、昔、大抵の国では人間の移動手段に”馬”を使っていたはずである。その馬は品種によって使い分けられ、速く走る馬、重い荷物を引ける馬、長距離を旅できる馬、それから珍しい白い馬など。男の甲斐性のひとつに、そんな馬を何頭飼う事ができるかなんてあったかもしれない。また、若者がスタイリッシュな速い馬にのって大地を駆け巡り、女性がそんな雄姿を見て男に惚れるなんて事もあったかもしれない。これって、現代社会でも同じ事が言えないか?そう、昔の馬に相当するものが現代の車。人は用途によって車を使い分けている。若者や独身者がスポーツカーで女性を隣に乗せてドライブを楽しむし、家庭を持ち子供ができればミニバンが都合イイ。小さい子供がいなければセダンもいい。仕事や趣味で大きな荷物を運ぶ必要があればワゴンなどがある。しかし・・・今の若者を見よ。何を運ぶ訳でもなく、バンやワゴンに乗るのは、農耕用の牛や家畜にまたがって街中を散歩しているようなもんだぞ。若者よ・・・速くなくてもいい。せめて馬に乗ろうぜ!
[PR]
by nonakas | 2004-03-28 01:53 | コラム