Let's enjoy N1 Race!!


by nonakas
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:グルメ( 4 )

上海渡航記 -その2

a0000366_3434171.jpg上海渡航記 -その1の続きである。どの国に行っても夜の繁華街はエキサイティングだ。この写真は上海市の南京路という上海一の繁華街である。それにしても人が多すぎる。渋谷や新宿の繁華街どころの話ではない。人口の絶対数が多く、更には中国国内からの旅行者と海外旅行者が合わさってとんでもない状況となっている。この撮影の後に写真の奥の方まで歩いて食事に行ったのだが、人ごみで前に進めない状態。これを日本で例えるならば、通勤時間帯で超満員の山手線車内の中か、元旦午前0時前の明治神宮の行列みたいな感じである。しかも、この国の民族が持つ道徳レベルの低さというか何というか、人の流れにルールなんてものは一切無く全ての人が自分勝手に前に進もうとするので、もうぐちゃぐちゃ。交差点では信号なんて全く意味無し。赤信号であろうとこの民族は前に進む。そして渋滞すると別の交差点でも渋滞で車が減速し、その隙に赤信号でもまた大量な人が流れ始める。だからこの周辺の道路は大渋滞である。a0000366_3441838.jpgとにかく「ルール」なんてものが存在しない。音楽や映像、コンピュータプログラムなどのソフトウェア違法コピーが蔓延し、商標登録されたキャラクターや有名ブランドなどの知的財産の侵害に何も感じない民族というのがココにあるといった感じだ(笑)。日本でメディア報道されている内容が決して大げさでは無いという事を肌で感じる事ができたのは大きな収穫であった。
そんなこの国の悪い部分を感じ取り過ぎたせいか、夕食は高そうなお店を選択。変なお店を選ぶと何が入っているか分からないし(汗)。また昨日の国営レストランで痛い思いをしたので本日はリベンジ。同行している人が過去に行った事がるとの事なので間違い無いらしい。
しかし・・・ビールが(汗)。このSUNTORYと書いてある瓶そのものも怪しいが、中身も相当怪しい。ご覧の通り色が薄い。ギネスビールを更に水で薄めたような色。そして味は・・・水の臭いがする(笑)。どうやらどの店でもこんなビールしか置いていないようだ。中国通の日本人曰く、中国で美味しいビールを口にした事が無いそうだ。という事で一口だけ中国文化を味わった後に残りのビール3本はすぐに下げてもらい、10年物の紹興酒を頂く事にした。焼き物のボトルに入った紹興酒を目の前で開封してもらい、多少の安心感を得ながら口にすると・・・本物っぽかった。日本の高級中華料理店で口にするのと変わらない味である(ような気がする)。それに安堵し、とにかく高級食材をガンガン注文。それが幾らするのかもお構いなし。従業員の日当の数倍の品が次から次へと運ばれて来る自分のテーブルは、従業員はもちろん周囲の客もビックリした表情であった。
a0000366_345152.jpga0000366_347659.jpga0000366_3472565.jpg

a0000366_3474655.jpga0000366_3481470.jpga0000366_349710.jpg

前菜、ロブスター、フカヒレ、上海カニ、なんだかよく分からない上海でしか取れないという魚(時価)に焼小籠包。その他写真は無いが何品か注文。上海カニは、面倒なので店員に殻を剥いてもらって肉だけペロッと食べる。
a0000366_3454755.jpgちなみに、この赤い食べ物は「水煮魚」という白身魚料理で上に乗っている赤いモノは唐辛子である。”水煮”と書くが油に漬かっており、時間が経つと唐辛子の辛さが染み出てくる。油に漬かった魚ではあるが意外にアッサリしていて、見た目ほど辛くは無く、ものすごく美味しい料理である。この店の帰り道に水煮魚専門店を見つけたので、早速明日行ってみる事にしよう。
a0000366_3484676.jpgそして自分の目当てはこのアワビ。メニューにある一番高いのを注文したらこんなに肉厚の特大アワビが出てきた。もちろんこれ一人で食べたのだが、ボリュームがありすぎてしばらくはアワビを食べたくない。ここで思ったのだが、アワビってこんなもんだっけ?と。薄くスライスされたのが数枚入ったスープの方が美味しいような気がするのは自分だけだろうか。ステーキみたいにバクバク食べるものではない事に初めて気づいた(恥)。まぁとにかく贅沢な食事を堪能したのだが、物事には限度というものがあり、高級なものほど少しづつ、ありがたく、そして神様に祈り、生んでくれた親に感謝しながら頂くのが人間らしさというものではないかと勉強させられた一日であった(笑)。そして、現地の方々の平均月収の数倍に当たる金額を何も躊躇無く支払う、こんな日本人がいるから国際問題が絶えないのだろうと少々反省する夜なのであった。
[PR]
by nonakas | 2007-09-16 03:52 | グルメ
a0000366_2252099.jpgヒルトン東京がお気に入りだからって訳じゃないですが、本当に美味しいパスタです。このパスタはルームサービスでオーダーした時にしか口にできません。パスタ専門店で美味しいと言われているパスタよりも美味しいと思います。こういうホテルってホワイトソース系が美味しいんですよね。価格は2310円。カルボナーラなのでお腹に溜まるせいか、大食いの私でも量はこれで十分です。価格だけ見ると高いですが、食べたら納得の一品です。一度いかがでしょうか?ちなみに約1000円アップで”大盛り”をオーダーできます。でも量が多いので食事の途中で飽きてきます。
[PR]
by nonakas | 2005-08-25 23:08 | グルメ
a0000366_232311.jpg自分が勤めている会社(渋谷区代々木2)にある喜多方ラーメン蔵太鼓のとんこつチャーシュー麺です。
自分はちぢれ麺が好きで、このお店の麺にハマっています。夜遅くまで仕事をする時は、夜食にここのとんこつちゃーしゅー麺を食べに行きます。
**************************
スープ:とんこつしょうゆ
面:中太、黄色いちぢれ麺
ちゃーしゅー:ほどよく柔らかい
[PR]
by nonakas | 2005-08-17 21:46 | グルメ
a0000366_23125682.jpg
佐野ラーメンの代表格である山銀の系列店。佐野本店に比べ、店員の対応が良いのと、比較的に空いているので、山銀ラーメンを食べたければ館林店に足を運ぶ事をオススメします。
写真のラーメンは、ちゃーしゅ麺普通盛り。このボリュームあるちゃーしゅーを見て!このちゃーしゅをスープに浸しすと、これまたとろけて美味。スープもしょうゆ味ですが透き通っていて、自分好みです。これはかなりお気に入りラーメンの1つで月に1度は足を運びます。
**************************
スープ:鳥ガラ系しょうゆスープ
面:きしめんみたいな感じ
ちゃーしゅー:ほどよく柔らかく、とろける系
[PR]
by nonakas | 2005-08-14 20:30 | グルメ