Let's enjoy N1 Race!!


by nonakas
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

近所お散歩

a0000366_0253814.jpg

気が付けば半年振りのブログ更新だ。こんな放置されたブログであっても、アクセス履歴を確認すると少なくとも毎日10人近くがアクセスしてくれるブログのようだ。とはいっても、レースカー関連のキーワードでアクセスされる方が殆どなのですが・・・。ブログ本来の役割を果たせるように、出来るだけ客観的に記事を書き、読む人によってほんの僅かであっても意味のある情報源になればと思っているので、是非ともお役に立てられれば幸いである。

ところで、久々にブログ更新となる本日のお題は『近所お散歩』。私が住む街は、東京都中央区。2008年3月にこの都心エリアにに引っ越して以来、近所を歩いて散歩する機会がなかなか無かった。本日は夕方早めの入浴を済ませた後にビールを美味しく頂こうと思い、ベランダに出たところ心地の良い風が吹いていた。湿度も高くなく、遠くまで夜景を見渡せるこの空気に吸い込まれそうになり、気分転換に歩いて散歩する事に決定。今から十何年前だったか、中央区なんて人が住むところあるんかい?と思っていたのだが(首都圏在住でもそう思う人は意外に多い)、佃の有名なタワーマンションをはじめとする超高層集合住宅が多く存在する人口11万人超、昼間人口65万人の街なのである。そして商業施設が多く存在し、ちょっとしたお買い物に銀座まで5分、台場がある湾岸エリアも車で7~8分という自分にとっては非常に便利な立地だ。何と言っても車でのアクセスに関しては、最近開通した豊洲ICによって首都高速湾岸線まで自宅から3~5分で高速に乗る事が出来、東は幕張まで20分、西は横浜まで20分と、非常に交通の便が宜しい。今までの最寄であった首都高速銀座出入り口までも5分くらいであるので、何処へ行くにもアクセスが良い。a0000366_0135451.jpg写真はご存知レインボーブリッジ。自宅マンションの公園施設沿いから撮影してみた。夜の7時過ぎだったが、人がおらずリフレッシュには最適である。この夜景の左には晴海埠頭が見える。晴海埠頭は国際客船も寄港する客船ターミナルであり、過去に晴海国際展示場が隣接していた場所である。今日は大きな客船らしきものが見えたので、歩いて近くまで行く事にした。
自分が幼少期の頃、ここで宇宙博なるものを見に来た事を思い出した。自分の記憶にあるのは、月面着陸船を飛ばした大きなサターンロケット(はりぼて?)と、宇宙食と言われたコーヒー味の飴のようなもの。お土産には「月の石」と書いてあった米粒大の石であった。いま思えば、月の石なんぞという超貴重な研究材料が一般庶民(しかも日本人)に販売されるわけがなく、そんなもので喜んでいた娯楽の少ない時代が懐かしく思える。
a0000366_0184623.jpgそんな晴海国際展示場跡地が、2016年東京オリンピック候補地のメインスタジアムになるらしい。一見広そうな敷地であるが、スタジアムを建設するとなると、ちょっぴり狭いような気がする。しかも隣には中央区の清掃工場が・・・。もしオリンピックが開催されるとなれば、きっとこの清掃工場はぶっ壊されるに違いない。少なくとも自分が都知事だったら既に解体計画を作成しているだろう(笑)。この清掃工場、調べたら2001年に竣工されたものらしい。建設にどのくらいの費用がかかったのか分からないが、10年で壊されるのはもったいない。しかし世界から注目されるオリンピックメイン会場の隣に清掃工場があるのは、それこそ国のイメージにかかわる事なので、ぶっ壊される事間違い無しであろう。近隣住民として、ぜひとも東京オリンピック開催が決定して欲しいものである。
そして晴海客船ターミナル到着。
a0000366_0231837.jpgHolland America Cruise Line という会社の客船が入港していた。どうやらこの客船、USのバンクーバーからアジア各地を巡るLineらしく、32日間で25万円~130万円くらいとの事。30万円くらいならいいかも・・・とは思うが1ヵ月海の上で過ごす時間が無いのが悲しい。船の中を覗くとご年配の方が多く見られた。殆どが米国人と思われる容姿の方が沢山乗船されおり、優雅な時間を過ごされているのが伺える。ネット依存症の自分には船旅は向かないとも思うが、人生観を変えるには是非とも一度は乗船してみたいものである。ただし、このような客船で一人旅はキツイだろう。
そして晴海客船ターミナルからの東京湾夜景。
a0000366_0261911.jpgレインボーブリッジと東京タワー、そして都心のビル郡。ここで風を浴びながら見る夜景は自分にとって非常に心地よい。人が山や森・湖の自然な風景を見て心地が良いと感じるのと同じで、自分はこんなコンクリートで固められた人工建築物の風景を眺めるのが昔から好きだった。自宅から徒歩圏内にこんな素敵な場所があるというのに、自分はこの一年何をしていたのか・・・と、少し後悔。散歩すると色んな発見もあるし、これからは健康のためにも歩いて散歩する事にしようと思う。
[PR]
by nonakas | 2009-05-05 01:16 | My Favorites